はじめに

Windows10のペイントを使って画像を加工する方法についてご説明いたします。

ペイントとはウインドウズに標準搭載されているソフトで、ブログを作成するとき、簡単に使えて便利なソフトです。

難しい画像の加工でなければ有料のソフトを購入する必要はないと思います。

画像の加工とは写真やイラストに文字や簡単な図形を挿入したり、ぼかしを入れたりすることです。

ペイント加工の各種手順

ペイントを開く手順

➀左隅にあるスタートボタンをクリック

➁windowsアクセサリをクリック

➂ペイントをクリック

スタート画面

クリップボード・グループ画面の表示

ペイント画面

画像加工する画面の拡大表示

大まかに➀~➃の手順で進みます。

ペイント手順2

加工する画像の選択

加工したい画像を選択するために➀~➂の手順で進みます。

手順6

選択された画像

シンプルな画像を選択しました。

いちご

画像サイズの変更

上の画像だとブログ記事には少し大きいので、サイズ変更しました。

水平方向800ピクセルから600ピクセルにサイズダウンし、縦横比が 決まっている(チェックが入っている)ので垂直方向はいじらなくて いいです。

手順7

テキスト(文字)の挿入

手順8

テキストツールを使用してテキスト(文字)の挿入

テキストマークのAをクリックして、左クリックを押したまま左上から 右下にドラッグ&ドロップの操作をすると図のように点線の四角形が画け、 カーソルが出てきてテキスト(文字)を書くことが出来ます。

文字を入れる前に、テキストツールが表示されていることを確認し、 ➀~➂の手順で必要なものを選択します。その後から文字を書くとスムーズ に作成できます。

手順9

図形の挿入

➀で図形を選び、➁で「輪郭」か「塗りつぶし」を選択、「輪郭」と「塗りつぶしなし」は、 同じことです。色は「色1」が「輪郭」と「塗りつぶしなし」の色になります。

「色2」は背景の色で「塗りつぶし」の「単色」等を選択したときの色になります。

手順10

いたずら書き画像のサンプル

テキスト、図形、ブラシ、トリミング等を使いました。 トリミングについては次の写真で説明します。

いちごらくがき2

画像のトリミング

クリップボード上にサイズ調整をした画像を出して、

➀の「選択」で四角形か自由 を選択、この場合は四角形を選択しました。(上の画像は自由を選択)

➁のトリミングをクリックします。

「トリミング」は点線で囲まれた外側の画像を切りおとしますが、「切りとり」は 内側を切り取ります。

切り取ったものは新規のクリップボードに貼ることが出来ます。

女性

トリミング後のサイズ調整

トリミングをすると画像が小さくなるので、➀で水平方向のピクセル数を 少し増やしました。

あまり増やすと画像が荒くなります。

女性2

ファイルから保存

保存した写真です。

女性

モザイクをかける方法

画像の中で隠したい部分にモザイクを掛けることが出来ます。 選択をクリックして、モザイクを掛けたい範囲を選択します。

ばらいちご手順1

選択した枠の右下の角にマウスのカーソルをあてドラッグ&ドロップの 操作で画像を小さくします。

ばらいちご手順2

次に同じ操作で小さくした画像をもとに戻します。 モザイクが薄い場合は2~3回程、繰り返すと濃くなります。

ばらいちご手順3

まとめ

ペイントで画像の加工作業をしたのはクリップボード上のみです。

説明用のテキスト、図形等は他のソフトを使用しています。 簡単な画像の加工作業はペイントで作業してます。

関連記事としてwindowsアクセサリーの「snipping tool」と「print screenキー」を使用して、 ブラウザーの画面を保存・加工する記事を参考にしてみてください。

最後まで閲覧ありがとうございました。