はじめに

はじめてのブログです。ドライブが大好きで栃木県から茨城県に暇があれば来ていますので、その中からおすすめのスポット紹介したいと思います。

那珂湊・大洗方面の日帰りルートのご紹介

宇都宮市から那珂湊魚市場までは、2時間~2時間30分くらいかかります。 次の2ルートを気分とか身体の調子で使い分けています。

リラックス・ルート

国123号線~県51号線~県63号線~県169号線~県38号線~那珂湊おさかな市場山間部のゆったりルート、2時間くらいです。 日曜・祝日は、市場付近渋滞なので、早朝お出かけおすすめです。

市街地注意ルート

国123号線~県1号線~国50号線~国6号線~県38号線~那珂湊おさかな市場都市部ルートで水戸市街地を通り、2時間30分くらいかかります。

那珂湊魚市場

珂湊漁港に隣接する魚市場で、「那珂湊おさかな市場11店舗」の他にヤマサ水産、森田水産の店舗があります。 回転寿司が楽しみ、新鮮、ネタが大きく、安い、賑やか、地元の魚とか干物買って帰ります。

那珂湊魚市場の写真

魚市場全景
ヤマサ水産
赤魚串干し
森田水産

大洗磯前神社

那珂湊魚市場から15分位のところで海岸通り(108号線)にあり、由緒ある神社で平安時代の856年頃からの歴史があるようです。 戦乱で荒廃したのを水戸藩第2代藩主徳川光圀と3代綱篠が再建、主祭神は大己貴命(大國主の命の別名)。

大洗磯前神社の写真

大鳥居
神社正面
石碑

アクアワールド茨城県大洗水族館

那珂湊魚市場から海岸通り(108号線)10分くらいで行けます 元日は半額なので(通常大人1950円)今年は行ってきました。 イルカ・アシカショーが見応えです。水かけられます。 サメ、マンボウ等580種類の生物がいるということです。

アクアワールド茨城県大洗水族館の写真

水族館入口
水槽のサメ
水族館全景
イルカショー

国営ひたち海浜公園

那珂湊魚市場から国245号線で約12Km、20分くらい、場内はとても広くて、お目当てのネモフィラの「みはらしの丘」まで西口ゲートから900mの案内にちょっとショック。

菜の花、チューリップ等のフラワーガーデンとてもきれいで、大観覧車、バーベキュー施設等総合レジャ施設です。 駐車可能台数2000台とありますが渋滞必至と感じました。

国営ひたち海浜公園の写真

ネモフィラの丘全景
案内図
お花畑
入り口風景
ネモフィラの丘へ移動
ネモフィラ群生
ネモフィラ風景
菜の花畑

笠間・偕楽園方面の日帰りルートご紹介

笠間稲荷神社ルート

宇都宮市~国123号線~県1号線~笠間神社 1時間程度のコースです。

偕楽園ルート

笠間~県355号線~国50号線~県30号線~偕楽園駐車場 約25Km,40分位かかりました。 初めてなのでカーナビが頼りでした。

笠間稲荷神社

飛鳥時代、白雉2(651)年創建の大社。

京都の伏見稲荷と佐賀の祐徳稲荷と並ぶ日本3台稲荷のひとつ、午前9時過ぎに着いたので観光客は零、門前町にも誰もいなかった。

笠間稲荷神社写真

石碑
大鳥居
神社正面
神社前商店街

偕楽園

梅林が有名ですが、時期遅く見れませんでした。 偕楽園は天保13年(1842)に水戸藩第九代藩主徳川斉昭が創設。

趣意は人間も調和が大切、学び勤めかつ遊ぶという勤勉と休養のバランスの重要性を強調ということです。

庶民にも開放する意味で偕楽園と命名だそうです。 偕楽園の中にある好文亭、第9代藩主徳川斉昭が別邸として立てたものです。

偕楽園(好文亭)写真

好文亭案内図
庭園のツツジ
好文亭正門案内図
襖絵の座敷

あとがき

一日で全部は回りきれないと思います。 実は上記のコース駆け足で全部回り、疲労だけが残りました。

目的や季節にもよりますが、ゆっくり見て回るには、那珂湊・大洗方面、日立かいひん公園は単独で、そして笠間稲荷神社・偕楽園方面の3方面くらいに分けたほうがいいと思います。
そのほうが疲れも少なくゆっくり見学できると反省しています。

まだまだ、見てないところが沢山ありますので、次回はもっと的を絞ってご紹介したいと思います。