はじめに

中禅寺湖の北西にある小田代ヶ原と戦場ヶ原は有名なハイキングコースです。 私は小田代ヶ原を時計周りにぐるっと回って、湯川のせせらぎ沿いに赤沼に帰ってくるルートが好きです。

小田代ヶ原トレッキング

小田代ヶ原一周コースのマップ、➀~➃まで写真撮りながらバードウオッチングの人とお話をしたり、晩秋に冬支度を急ぐ草木と心を通わせたり、湯川を泳ぐ鴨の家族を見守ることでとても心が癒やされました。(日光市観光協会マップ)

小田代ヶ原一周ルートマップ

出発点の赤沼は駐車場があり、お食事処、公衆トイレ、赤沼自然情報センターがあり、訪れるときは使わせてもらっています。

赤沼駐車場

赤沼駐車場

小田代ヶ原一望

小田代ヶ原

黄金色と朱色の樹木

紅葉の林

きれいに整備されている木道

01.19整備された木道

湯川のせせらぎ

湯川せせらぎ

赤沼に到着、2時間40分ほど歩きました。 お食事処で私はきのこ蕎麦、ツレは中華丼で昼食です。

外人(欧米、中国、韓国他)も結構来ていまして、食堂のかなり年配のおばさんが英語(日本語も混じって)で対応していました。 イメージが違っていたのでちょっと驚きました。(ごめんなさい) 食事終了後、竜頭の滝と華厳の滝を見に行くことになりました。

竜頭の滝

観光客が多くてびっくりです。 滝の水が豊富で流れが早く、まるで白布か白糸のようで、そして紅葉がきれい、赤、黄、緑のコントラスト美しい。 でも階段の上り下りに閉口しました。

鮮やかな紅葉と白布の滝

01.19鮮やかな紅葉と白布の滝

華厳の滝

エレベーターで観瀑台に向かいますが、大勢の人なので並んで順番に一回に20人位の人が動きます。 観瀑台から滝を見上げると迫力満点(97m)です。

観瀑台へのエレベーター棟

01.19エレベーター乗降口の建物正面

観瀑台からの眺望

01.19猛烈な華厳の滝1

まとめ

小田代ヶ原は憧れで思い出の場所で、毎年、夏と秋に行きたいと思っていますが果たせていません。 夏から初秋にかけておすすめです。いろいろな草花、アザミもきれいです。

白樺の林、白い貴婦人と云われる原の中央に立つ一本の白樺の木とても上品です。 紅葉の時期、今頃かも、竜頭の滝とか華厳の滝おすすめです。

最後まで見ていただきありがとうございます。